杉岡 良彦

(すぎおか よしひこ)

上野病院診療部精神科医師

京都府立医科大学非常勤講師


~公認心理師を目指されるみなさまへ~

 新たな国家資格である公認心理師が担うべき領域は無限に広がっています。多様な背景や考えをもった方々が、この国家資格を取得され、広く人々のこころ(と、それに関わる身体)の健康に寄与してくださることを強く期待しています。また、現在の精神医療をさらにより良いものへと発展してくださることを期待しています。

カフェで一服する杉岡先生

【杉岡先生より自己紹介】

 

 はじめまして。現在、民間の精神科病院で勤務している杉岡良彦と申します。また、産業医としても、メンタルヘルスを中心に、勤務してきました。最初、農学部を卒業し、修士課程(農学原論講座)に進んでいたのですが、そこで澤瀉久敬(おもだかひさゆき:1904‐1995)先生の『医学概論』という学問を知り、その研究に憧れました。医学部進学を悩んでいた時、思い切って澤瀉先生に手紙を書きました(1991年)。澤瀉先生はすでに高齢であり、療養中でありましたが、見も知らぬ一大学院生からの手紙に、直筆で大変丁寧なお手紙をくださいました。それは現在でも私の宝物となっています。そのお手紙が、医学部進学と医学概論研究への背中を強く推してくれました。医学概論は医学の哲学であり、医学と哲学が重なり合う領域です。また、精神医学や産業医学も、さまざまな領域が重なり合う領域にある学問であり、実践です。さらに、私は精神科医のV.フランクル(1905‐1997)が大好きです。苦しみの中でも、希望を失わず、苦しみの意味を見出せる人間でありたいと思っています。また、病気の人、苦難の中にある人たちと共に苦しみ、希望を見出すお手伝いができるようになりたいと思っています。その一方で、そうした望みとかけ離れた自分の無力さや弱さに逃げ出したくなる時もあります。

 講義を通して、皆さんと共に、今後のよりよい「こころの医療」のあり方を考えていければ大変うれしく思います。よろしくお願いいたします。

【職歴】

1998年4月~1999年3月 京都府立医科大学付属病院精神神経科 研修医
 

病棟勤務

 

1999年4月~2000年3月 北林厚生会五条山病院 研修医
 

病棟・外来業務

 

2004年4月~2005年3月 東海大学医学部 特別研究員
 

癌の分子生物学を研究

 

2005年4月~2016年5月 旭川医科大学医学部医学科 助手・講師
 

健康科学講座勤務

 

2016年6月~2017年5月 耕仁会札幌太田病院(精神科) 臨床研究部長
 

精神科外来・病棟勤務

 

2017年6月~現在 上野病院診療部精神科 医師
 

精神科外来・病棟勤務

 

※非常勤職歴  
2000年4月~2002年3月 古河電工平塚事業所 嘱託産業医
 

職場のメンタルヘルス担当

 

2001年5月~2005年3月

みくるべ病院(精神科) 非常勤医師

 

精神科・病棟業務

 

2002年4月~2004年7月 古河電工本社委託 産業医
 

職場のメンタルヘルス担当

 

2005年4月~2016年5月

メイプル病院(精神科) 非常勤医師

 

精神科・病棟業務

 

2005年7月~2016年5月 耕仁会札幌太田病院(精神科) 非常勤医師
 

精神科外来業務

 

2005年10月~2010年3月 赤十字北見看護大学 非常勤講師
 

公衆衛生学講義担当

 

2011年4月~2015年3月 京都府立医科大学 非常勤講師
 

総合講義担当

 

2011年4月~2016年3月

北都医療福祉専門学校 非常勤講師

 

「保健医療論」「生命倫理学」担当

 

2020年4月~現在 京都府立医科大学 非常勤講師
 

「医学哲学」担当

 

【主な著書】

  • 『医学とはどのような学問か――医学概論・医学哲学講義』春秋社, 2019(春秋社Amazon
  • 『哲学としての医学概論――方法論・人間観・スピリチュアリティ』春秋社, 2014(日本医学哲学倫理学会学会賞受賞, 湯浅泰雄著作賞受賞)(春秋社Amazon
  • 『脳科学は宗教を解明できるか?』春秋社, 2012(共著)(春秋社Amazon

【主な訳書】

  • 『神は妄想か?――無神論原理主義とドーキンスによる神の否定』教文館, 2012(教文館Amazon
  • 『「自然」を神学する――キリスト教自然神学の新展開』(共訳)教文館, 2011(教文館Amazon
  • 『脳科学とスピリチュアリティ』医学書院, 2011(医学書院Amazon
  • 『スピリチュアリティは健康をもたらすか――科学的研究にもとづく医療と宗教の関係』医学書院, 2009(医学書院Amazon

【主な論文】

  • Sugioka Y., 2011, Integrative Medicine and Dimensional Anthropology, Journal of Philosophy and Ethics in Health Care and Medicine 5, p. 112-130.
  • Sugioka Y. et al., 2004, c-Jun NH2-terminal kinase pathway is involved in constitutive matrix metalloproteinase-1 expression in a hepatocellular carcinoma-derived cell line. Int J Cancer, 109(6) p. 867-874.(学位論文)
  • 杉岡良彦(2020)「人間の尊厳と人生の最終段階の問題――「病むことの無い人格」の観点から」『宗教と倫理』20号, 1-15頁.
  • 杉岡良彦(2017)「医学哲学と臨床医学――森田療法・内観療法・ロゴセラピーと「広義の医学哲学」」『医学哲学医学倫理』35巻, 11-24頁.

【関連サイト】