講師ご紹介

5名の医師と5名の常勤大学教員をはじめ、それぞれの分野で現役で活躍する多彩な顔ぶれの講師が出講致します。

 


石原 剛広


大植 崇


小田 陽彦


酒木 保


沈沢 欣恵


實川 幹朗


杉岡 良彦


田邉 友也


泰平 ほみ


戸田 弘子


友廣 信逸


増田 さやか


森崎 雅好


渡邉 勝之



 

兵庫県立柏原病院小児科、兵庫県立塚口病院一般小児/児童精神科を経て、現在は兵庫県立尼崎総合医療センター一般小児科/児童精神科医長

学校や園への巡回相談、職員や保護者対象の講演会、ティーチャートレーニング研修など、医・教連携を推進する先進的な取り組みを行っている。

 

 


 

松下記念病院およびロイヤル訪問看護ステーション、佛教大学福祉教育開発センター特別養護老人ホーム「和順の里」/臨床心理学研究センター研究員、松下記念病院緩和ケアチームを経て、現在は兵庫大学看護学部看護学科講師。看護師のメンタルヘルスサポートとしての認知行動療法を実践・研究している。

 


 

神戸大学大学院 医学系研究科 精神医学分野助教、兵庫県立姫路循環器病センター高齢者脳機能治療室精神科医長を経て、現在は兵庫県立ひょうごこころの医療センター精神科医長、認知症疾患医療センター長

著書:科学的認知症診療 5 Lessons

 

 

 


 

旭川医科大学保健管理センター/医学部看護学科、京都文教大学人間学部臨床心理学科教授を経て、現在は宇部フロンティア大学人間社会学部福祉心理学科・同大学院人間科学研究科教授、NPO法人メンタルヘルス研究所理事長、山口大学医学部医学系研究等倫理審査委員会委員、発達障害者等相談センター「そらいろ」相談員

著書:自閉症の子どもたち―心は本当に閉ざされているのか ほか
一般社団法人こころの臨床理事

 


産婦人科医として、大阪大学医学部附属病院、関西労災病院、淀川キリスト教病院、Japan Green Medical Centre(英国)に勤務の後、緩和ケアに転向。彩都友紘会病院、拓海会神経内科クリニック、国立刀根山病院、静岡県立静岡がんセンターを経て、市立池田病院、近畿大学奈良病院で緩和ケア科を立ち上げ。ひだまり訪問クリニックを経て、4月より八尾市立病院緩和ケア内科立ち上げ。

 

 

 

 


 

姫路獨協大学一般教育部助教授 、教授を経て、現在は姫路獨協大学法学部教授。

著書:心の近代 ー 三筋の結界とメスメル 思想史のなかの臨床心理学 ー心を囲い込む近代こころ覓ぎ - 近代自我を越えて付き合いの哲学へ 心理療法とスピリチュアルな癒し ― 霊的治療文化再考(編著)ほか

 一般社団法人こころの臨床代表理事(初代・第3代現任)

 


 

京都府立医科大学精神神経科研修医、旭川医科大学健康科学講座(現 社会医学講座)助教・講師を経て、現在は上野病院精神科勤務。医学の哲学、脳とこころ(あるいはスピリチュアリティ)の問題、V.フランクルなどを中心に研究。


 

医療法人桐葉会木島病院、泉佐野市立りんくう総合医療センターを経て、医療法人睦会 新いずみ病院(現:医療法人聖和錦秀会 阪和いずみ病院)勤務。日本精神科看護協会、大学、短大等で「発達障害」や「精神科薬物療法と看護」、「トラウマ・インフォームドケア」に関する講義を多数行っている。

看護系専門誌『精神科看護』『精神看護』にも執筆。共著に『ケアマネ・福祉職のための精神疾患ガイド』ほか

 


20年あまりに渡って、地域コミュニティ、教育コミュニティづくりに従事。


大阪女子大学(後に大阪府立大学大仙キャンパス)学生相談室精神保健相談員、堺市教育委員会教育センター適応指導教室担当心理職を経てスクールカウンセラー、宇部フロンティア大学臨床教授ほか

日本臨床心理学会元(20)運営委員会事務局長、日本トランスパーソナル心理学/精神医学会理事、日本人間性心理学会監事

共著:『心理療法とスピリチュアルな癒し ー霊的治療文化再考ー』(上月游晏名義)、『スクールカウンセラーのビリーフとアクティビティ ー児童生徒・保護者・教師とどう関わるかー』ほか


家庭裁判所調査官(家事係・少年係)、奈良大学社会学部心理学科教授/学生相談室相談員/奈良大学付属臨床心理クリニックカウンセラー、奈良いのちの電話相談員研修講師を経て、現在は自立援助ホーム「あらんの家」理事長、家裁調停委員・参与員、奈良県教育研究所スクールカウンセラーカウンセリング講師

 

京ヶ峰岡田病院、小曽根病院、糸満清明病院、京ヶ峰岡田病院、聖明病院、神経科浜松病院、浜松医科

大学大学医学部付属病院を経て、こころのクリニック西尾、名古屋まごころ診療所院長。

発達相談 (ワンコイン相談会、講演など)、減断薬サポート (出張相談など)、刑事事件精神鑑定など精力的に活動。こどもの日全国イベント「ショーガイ天国~ぼくらの幸せ、ぼくらがつくる」主催

 

 


 

千葉大学教育学部 非常勤講師、千葉県/和歌山県教育委員会スクールカウンセラー、和歌山大学保健管理センター心理カウンセラーを経て、現在は高野山大学文学部准教授、和歌山県立医科大学付属病院紀北分院緩和ケアチーム心理士、高野山真言宗金剛峯寺宗務所メンタルヘルスカウンセラー、NPO法人白浜レスキューネットワーク(自殺防止・保護活動団体)協力会員

著書:はじめての「密教的生き方」入門


 

明治鍼灸大学(現・明治国際医療大学)附属病院研修鍼灸師を経て、同大学・大学院の教員を27年間務める。専門は東洋医学・医療原論。一般社団法人いのちクリエイション理事、いのちアカデミー主宰、東洋医学治療院天龍・院長、人体科学会副会長、身の医療研究会理事、プロジェクトいのち事務局、いのちの医療実践会事務局 他


著書『医療原論 -いのち・自然治癒力-』『医学・医療原論 -いのち学&セルフケア-』、『医学・看護・福祉原論 -いのちに基づいた医療&健康-』(2019年5月出版予定)