理事長ご挨拶

實川  幹朗

 代表理事・会長を務めております。

 当会は法人としての歴史はまだ浅いですが、源流となる研究会「心楽の会」から数えれば二十年ほどになります。
 私はその間、ずっと会の活動に携わって参りました。

 心理学はこんにち、たいへん活動の範囲を広げております。
 教育、産業、行政、司法、そして株式市況にまで応用されていますが、その中心にあるのは臨床です。
 臨床心理学は医療の中で精神疾患の診断や治療に用いられますが、それだけでなく、広く人びとの心の健康、生き様の指針にも関わります。

 ただし心理学という学問は、十九世紀の近代西欧で誕生したものです。
   その時代と地域の価値観・世界観を色濃く映したもので、けっして簡単に「人類普遍の知恵」などと誇れるわけではなかった。
 こんにちもそれは変わりません。すなわち、学問的な支えも実践的身構えも、いずれも十全と言うにはほど遠い状況です。また心の問題は、各個人の内面で完結せず、世の中全体の繋がりのうちに産まれます。
 すなわち、それぞれの「自己責任」を背負うばかりの事柄ではないはずです。

 

 わが国では公認心理師の制度ができ、国民一般に心理学の知見・力の及ぶことが、法律的にも定まりました。
    いま私たちは、心理学の性格と限界を心に留めつつ、己れの足許への振り返りを進めるべきと考えています。
    日本人が古くから積み重ねてきた心の知恵を、新しい時代の暮らしを支え、命を導く営みにどう繋げて行けるのか、皆さまとともに考える法人でありたいと念じております。

令和元年六月二十四日