現任者講習会 Q&A

~「令和2年開催 公認心理師 現任者講習会のお知らせ」とあわせてご確認ください~

    Q1: 公認心理師 現任者講習会ってなんですか?

 

  A: 公認心理師 現任者講習会とは、公認心理師法(平成27年法律第68号)附則第2条第2項第

    1号に規定する「文部科学大臣及び厚生労働大臣が指定した講習会」です。また、厚生労

    働省ホームページ「公心理師」に記載の受験資格取得方法「区分G」の講習です。

 

    Q2: 公認心理師試験や制度について知りたいのですが・・・。

 

  A: 公認心理師試験に関しては、指定試験機関 一般財団法人 日本心理研修センター ホームペ

    ージを、公認心理師制に関しては厚生労働省ホームページ「公認心理師」をご確認く

    ださい。

 

    Q3: 私は現任者に該当するのでしょうか?

 

  A: 大変申し訳ございませんが、弊法人にて、現任者に該当されるかどうかの確認はいたしか

    ねます。ご自身でご確認の上、受講をご検討ください。なお、現任者とは、公認心理師法

    (平成27年法律第68号)附則第2条第2項第2号に定める者を指します。

 

    Q4: 現任者に該当しなくても、現任者講習会の受講は可能ですか?

 

  A: 現任者に該当されない方、現任者に該当するものの公認心理師試験の受験は未定の方、ど

    なたでも受講が可能です。受講対象者を現任者に限定しておりませんので、例えば、ス

    ルアップのために心支援の在り方や関連する制度について勉強されたい方の受講も歓迎

    しておりす。 

 

    Q5: 全ての講習をオンラインで開催するそうですが、どこかに集合して対面で講義を受ける

    機会は全く無いのでしょうか?

 

  A: 今年度の現任者講習会は、新型コロナウイルス感染症対策のため、全ての講習をオンライ

    ンで行うことに決定いたしました。したがって、みなさまにどこかに集合していただき、

    対面で講義を受けていただくことは一切ございません。 

 

    Q6: オンラインで講習を受けたことがありません。受講できるかどうか不安です・・・。

 

  A: 現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、企業の会議や学校の授業、芸術・文化イベ

    ントなど、さまざまな場面でオンライン化が進んでおりますが、まだまだオンラインでの

    やりとりに不安を感じておられる方や、染みのない方がいらっしゃると思います。詳細

    は後ほどお伝えいたしますが、受や受講中のテクニカルサポートや受講の仕方に関す

    るガイダンスなど、みなさまに快適に受講しいただけるよう、充分なサポート体制を整

    えたいと考えております

 

    Q7: 受講者同士で交流できる機会があるのですか?

 

  A: 弊法人はかねてより、ペアワークやグループ・ディスカッションといった、受講者みな

    まの相互学習や交流の機会を積極的にご用意してまいりました。過去の受講者の方々の

    には、「たくさんの専門職の方にお会いできて良かった」「他の方の視点や考えを知る

    とができ、参考になった」と、高く評価してくださる方が少なからずいらっしゃいます。

    現時点では、明確にお伝えいたしかねますが、今年度もそのような機会をなるべくご提供

    できるよう、現在、法人内で検討を進めております。他者と同じ時間や場所を共有しづら

    い今だからこそ、オンライン上ではありますが、みなさまに一緒に学習を楽しんでいただ

    いたり、受講者同士のつながりを実感していただけるような講習会にしたいと考えており

    ます。

 

    Q8: 「受講に必要なもの」(お知らせページ参照)を全て揃えないと受講できない

    のでしょうか?

 

  A: 大変申し訳ございませんが、「受講に必要なもの」を全て揃えていただくことを「受講条

    件」とさせていただいております。それぞれ、オンライン受講やご本人確認のために必要

    となります。ご用意だけない場合は、受講をお受け付けいたしかねますので、あらか

    じめご了承ください。

 

    Q9: テキストは本当に必要ありませんか?

 

  A: 各分野で研鑽を深めた臨床経験豊かな講師が独自に作成した、科目別テキスト資料を使っ

    て学んでいただきます。資料は事前にオンラインでデータ配布いたしますので、受講の際

    に必ずお手元に準備くだい。テキストの指定はいたしませんが、「現任者講習会テキ

    スト」や「対策問題集」など、適宜ご自身に相性のよい参考書籍を併用され、また、質問

    時に参照されても構いません。 

 

  Q10: 現任者講習会は、公認心理師試験の受験対策にはならないのでしょうか?

 

  A: 現任者講習会は、公認心理師試験の受験対策を目的としておりません。公認心理師として

    必要な基礎知識を網羅することに加え、心理職としての独自性、国民の心の健康を支える

    使命にふさわしい心構え、教養を身に付けていただくことを目的としております。そのた

    め、試験で出題されそうな問題や受験テクニックをお伝えすることに重点を置いた講習で

    はございません。ただし、これま三度(追試含む)の国家試験で実際に設問化されてき

    た趣旨に関しては、公認心理師の知識と見識の基盤と理解が求められるとの判断に基

    づき、講義の中で言及されることはございます。

 

  Q11: こころの臨床の現任者講習会は、何を大切にしていますか?

 

  A:  わたくしたち、こころの臨床は、なによりも〈つながり〉を大切にしております。

     国の法律を根拠とする、こころの支援の専門職が誕生するまでには、長い長い道のりが

    あた。しかし、この資格がまことに評価されるのはこれからです。いま資格者を目

    指されているみなさま、お一お一人の創造と実践のお力に、公認心理師の未来が託され

    ています。 

             こころの支援は、人と人が関わる多くの領域でなされています。すので、幅広い分野

    に従事される方々が、現任者講習会という〈場〉(今年度はオンラインですが)に集われ

    ます。わたくしたちは、各分野で研鑽と経験を深めてこられた、これまで全く関わり

    かった方々同士が、この〈場〉で初めてお出会いになることを、とても大切で貴重な機会

    と捉えております。 そして、それが、みなさま同士の交流のきっかけとなり、専門分野を

    超えた、たくさんのこころの支援者の新たな〈つながり〉として、みなさまの今後のご活

    躍への励みとお力の素となることを願っております。 

             録画配信講義には、卓越した知見と臨床実践に優れた講師を厳選して配し、ウェビナー

    での質疑にて受講者のみなさまとの意義ある交流を目指しております。上記(7)に記し

    ましたように、受講者のみなさまが相互につながり、積極的に交流を深めていただける

    〈場〉を、ぜひご提供したいと考えります。  

             こころの支援者同士がつながり合える未来に、こころの臨床の講習会がお役に立てるな

    ら、わたくしたちはとても嬉しくありがたく存じます。

 

  Q12: こころの臨床の現任者講習会の開催が確定するのはいつ頃ですか?

 

  A: 明確な時期をお伝えすることはできませんが、指定が下りた場合、8月下旬までには開催

    確定のご報や、よ詳細な開催情報をお知らせしたいと考えております。

 

  Q13: 現任者講習会の予定や内容について、もう少し詳しく知りたいのですが・・・。

 

  A: 大変申し訳ございませんが、指定前の現時点では、今年度の現任者講習会について、本サ

    イトで公表している情報の他に、確実にお伝えできることがございません。そのため、現

    在は、お問い合わせフォームやメールでのご質問に対する回答を控えさせていただいてお

    ります。ただし、お問い合わせフォームからアドレスをご登録いただければ、

    ちらから国や試験登録機関からの新たなや本サイトの更新情報など、講習会に関す

    ご案内を機に応じてお知らせさせていただきますお待たせして申し訳ございません

    が、指定下りるまでの間、今しばらくお待ちくださいませ。

 

  Q14: 来年度の現任者講習会も、オンラインで行われるのでしょうか?

 

  A: 従来の現任者講習会は、講師と受講者が会場に参集して行うものでしたが、新型コロナウ

    イルス感染症対策のため、今年度はオンラインでの実施が特例として認められました。こ

    の特例は今年度に限ったものであるため、来年度についてはお答えできませんが、状況次

    第では、来年度もオンライン講習が認められるかもしれません。仮に、弊法人が来年度も

    開催を目指し、その際にオンライン講習が認められた場合、今年度と同様に、状況を考慮

    して、オンラインで開催する可能性がございます。

 

  Q15: 受講定員は600名とのことですが、申し込みが定員を超過した場合はどうなりますか?

 

  A: ご応募の受付方法は、国の実施要領に基づき、「抽選」方式となっております。あらかじ

    め定めた応募期間の締め切り日時の時点で、定員上限の600名を超過した場合にのみ、抽

    選とさせていただき、直ちにご応募の方々全員に抽選結果をお知らせいたします。なお

    600名を超えての追加の募集を行うことはございません。

 

  Q16: 受講申込の抽選に落ちた場合のことを考えて、他の実施団体とこころの臨床と同時に受講

      を申し込んでおきたいのですが、構いませんか?

 

  A: 他の実施団体と同時にお申込みいただいて構いません。ただ、弊法人への受講申込をキャ

    ンセルされる場合、受講確定後(受講料お振り込み完了後)のキャンセルには、ご登録の

    抹消やご返金に関わる諸経費として事務手数料 5,000円のご負担をお願いいたしますの

    で、なにとぞご留意ください。キャンセルポリシーにつきましては、受講申込受付を開始

    する際に改めて詳しくご案内いたします。

 

NEW !!

  Q17: 今年度も現任者講習会終了後、過去問研究講座は開催される予定ですか

 

  A: 弊法人は、例年、現任者講習会終了後に、現任者講習会の受講者の方々を対象に、公認心

    理師試験対策 過去問研究講座を開催してまいりました。今年度も、現任者講習会の開催団

    体として指定が下りた場合、過去問研究講座を開催したいと考えております。年通り、

    現任者講習会の受講者限定で無料での開講を目指しますが、開催方法については、全講

    座をオンライン、あるいは、オンラインと会場の併催とさせていただく可能性がございま

    す参考までに、前年度の過去問研究講座のご案内をご確認いただけるいです。